高採用率の地雷店で働く風俗嬢たちのサービス

風俗の仕事なら稼げるという幻想

風俗の仕事は、稼げるというのは、正しくもあり、嘘でもあります。接客業であるゆえ、最後に稼げる、稼げないはその人の人間力であり、お店の集客力によるところも多分にあります。市場の大きさは決まっており、飽和状態の風俗店は、パイの奪い合いなわけです。風俗店としては、よほどブランド力があるか、人気嬢を常に取り揃えているかしなければ、長く続けられませんし、風俗嬢は、若く美しい魅力的な数年間が旬で、それを過ぎれば、市場価値を失うことになるのです。

地雷嬢専門店の地雷たるゆえんとは?

しかし、あえてそうした王道とは外れた経営で、異彩を放っているお店があります。それが地雷店と呼ばれる風俗店です。地雷店とは、女の子が地雷嬢、その子たちのサービスが地雷サービスということです。自らとんでもない風俗店、風俗嬢に当たりに行くことを“地雷を踏む”と言い、そうしたお店や女性を地雷店、地雷嬢と言います。

中には、ルックスもサービスもそこそこで、地雷店とは知らずに間違って入店してしまった風俗嬢もいるでしょう。しかし、地雷店で働く女性の多くが、容姿や年齢が原因で採用してもらえなかったり、仕事に対する意思が弱いので長続きせず、決まった時間、決められたことを継続的にできないため、ほかの業態も含め仕事ができないようです。

そのため、いざ地雷店に入店しても遅刻、欠勤は当たり前。お客がいてもサービスをする前に煙草を吸う、お客が風俗で期待するサービスをしない(サービス地雷)、仕事を拒否して寝る! サービスはするが、お客の意図どおりではなく、とにかく自由に振る舞うなど、勝手気ままなわけです。

それは、地雷店の売りではなく、特徴であり、お客は、質を求めに来店するのではなく、あくまで“洒落”であったり、安く抜ければ、あるいは、もしかしてアタリ嬢がという思いだけです。

よって、こうしたお店では、女性に求められることは多くなく、お店の採用もそれに準じて条件が高くないということです。数は多くありませんが、こうしたお店は、あちこちにあります。年齢や容姿がもとで不採用と悩んでいれば、地雷嬢専門店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。来るもの拒まずであるため、採用率は限りなく100%に近いらしいです。ただし、サービス単価が非常に安いので、得られる報酬もかなり少ないということをお忘れなく。