長い歴史をもつソープランド。かつては、その名称で国際問題に!

性風俗店で最も稼げる業種と言えば、ソープランドが挙げられます。モデルやアイドル並のルックスの風俗嬢が在籍する高級デリヘル、ホテヘルなどは例外とします。ソープランドが稼げる理由は、ハードなサービスゆえ利用料金が高いからです。

ソープランド店で働くコンパニオンたちは、ソープ嬢と呼ばれますが、そのほか、泡姫、姫、嬢などと呼ばれます。姫と言ってもお姫さまではなく、若い女性というイメージから来ています。泡姫は、ソープから連想される“泡”と若い女性を結びつけたものです。嬢は、未婚の女性を表わし、ソープ嬢以外にもデリヘル店、ヘルス店、イメクラ店などのコンパニオンもまとめて風俗嬢、嬢と呼ぶことがあります。

曲解から始まり、国際問題となった名称“トルコ風呂”

現在のソープランドは、かつて1960年代、トルコ風呂と呼ばれていました。そのコンパニオンは、トルコ嬢というわけです。本来のトルコ風呂とは、浴室で男性の垢すり師が、男性客に垢すりをするものです。しかし、日本にその情報が伝播する際に曲解され、女性が男性客に行うものとして広まり、1966年に個室付の浴場として許可されるようになりました。前後して、1964年の東京オリンピック開催に伴い、風紀取り締まりが強化され、また赤線の廃止によって、性風俗店と結びつき、性風俗店としての“トルコ風呂”が発展していきました。しかし、トルコ風呂の名称が日本全国に流通するようになると、トルコ人、トルコ大使館などトルコ側から抗議を受けるようになりました。これは、日本政府を巻き込み、国際問題となったのです。

歴史あるソープランド。変わったのは名称だけじゃない、サービスも

それから20年近く経った1984年に新たな名称として、東京特殊浴場教会は、“ソープランド”を発表しました。その会場となったのは、赤坂プリンスホテルであったというのですから、たかが風俗店ではなく、かなり大きな問題として取り上げられたのでしょう。なお、ソープランドのほかに、ロマン風呂、浮世風呂、オアシス、ロマンス風呂、ラブユなどの候補があったそうです。

トルコ風呂という性サービスは、川崎で石鹸の泡を全身に身にまとって男性客の身体を洗う泡踊りが生まれ、ソープランドに名称が変わり、マットプレイが発展、ソープ=石鹸からローションへと移り変わっていきました。性風俗と言えども歴史がありますね。

ソープランドで本番行為をするためのあれこれ

ソープランドは、風営法で規制された性風俗店であり、また売春防止法により、他の風俗サービス同様、売春行為は禁止されています。また、経営者側が、売春行為を管理したり、場所の提供をすることは、同法により禁止されています。そのため、お店側とソープ嬢との間には、雇用関係はなく、ソープ嬢は、個人事業主としてプレイルームを借りているという立場をとります。経営者は、場所を貸しているにすぎず、受付で入場料という場所代のみを客から徴収している、そこで起きている行為そのものは、知らないというスタンスをとるのです。このことで、管理売春を行ってないとします。

なお、客がソープ嬢と金銭を介して本番行為をすると、売春防止法の単純売春に抵触しますが、罰則規定はありません。お咎めなしではありますが、お店が摘発され、法廷の裁きを受ける場合は、証人として呼ばれることがありえます。