風俗店の種類

夜の関東(東京)の画像
関東地域で風俗の求人を探すならみっけがおすすめ!
関東の風俗求人は安心高収入の『みっけ』!

風俗店の違いって、風俗に行った事が無い方はあまり分かっていないと思います。

興味はあるけど色々心配な男性や、 風俗で短期間や副業として少し稼ぎたいと思っている女性、 初めて風俗で働いてみようと考えている女性などは、
風俗ってどんな種類のサービスがあって、 どの位の料金や稼ぎになるのか? 色々知らない事が多いのではないでしょうか?
今回は、そこら辺のサービス内容や料金体制、お給料についてまとめてみました。

まずは、風俗店の種類と違いに関してです。

ソープランド

特殊浴場とか高級サウナなどとも呼ばれます。
ソープランドは、唯一本番行為が出来る風俗で、良く「風俗の王様」と称されます。
建前上、サービスとしては湯船のある浴室で風俗嬢に体を洗ってもらうという性的サービスで、客との自由恋愛の結果本番が行われる。
という事で違法にはならない事になっています。
風俗嬢とお客の間でいくらで本番が出来るか?という取引現場を現行犯で捕まった場合は、売春になり摘発されます。

デリヘル

デリヘルとはデリバリーヘルスの事で、出張ヘルスとも言われます。
デリヘルのサービスは多様化しています。
イメクラ、回春マッサージ、ホテヘル、オナクラなど色んな種類があります。
デリヘルは無店舗型の風俗で、お客から予約が入ると女の子をホテルや自宅に派遣します。
また、外で待ち合わせてから一緒にホテルへ入るケースもあります。
その際に女の子を送迎する送迎ドライバーが通常います。
送迎ドライバーは女の子を送り届け、プレイが終わり戻ってくるまで近くで待っています。
もしもの時に女の子の安全を守る役目も担っています。

ホテトル

ホテトルと言うのは、デリヘルとほぼ同じシステムですが大きな違いは本○がメインサービスだと言う事です。
スポーツ新聞の3行広告などに広告が出ているようです。
ホテルに女の子を呼び本○をやるので、病気のリスクもあります。

ヘルス

ファッションヘルスの略称です。
別名箱ヘルなんて言われる事も。
デリヘルに対し、ヘルスは店舗型の風俗になります。
風俗店でプレイが楽しめるので、ホテル代や交通費などの分は安くおさえられます。
ただ、同じヘルス店に同じタイミングで知り合いが来ていたら、お店の中で鉢合わせる可能性もあります。
廊下ですれ違ったのが、まさか会社の同僚なんてこともあるかもしれません(笑)

イメクラ

イメージクラブの略称です。
女の子が様々なコスチュームを着て、非日常のイメージプレイを楽しめます。
制服や体操服、スクール水着、メイド、ナース、チアガール、教師などなど様々なコスプレでプレイを楽しめます。

ピンサロ

ピンクサロンの略称です。
ピンキャバと呼ばれる事もあります。
ピンサロは、営業登録上、飲食店の扱いになっています。
ファッションヘルスのように部屋でプレイをするわけではなく、オープンなボックス席で店内には大きい音量のBGMがかかっています。
他のお客さんなどの声や音も聞こえます。
また飲食店扱いなので、シャワーブースやお風呂も当然ありません。
ボックス席に通され、そこでサービスを受けますが、丸見えにならないように仕切りで隠されています。
そこでフェラチオや手コキなどのサービスを受けます。

オナクラ

オナクラとはオナニークラブの略称です。
男性客がオナニーをするのを女の子に見てもらうというプレイスタイルです。
基本的に女の子は服を脱がないし、触れません。
オプションで手コキなどの軽いサービスがあるお店が殆どになります。

おっぱぶ

おっぱいパブの略称です。
ピンサロの様に大音量のBGMが流れ、ボックス席でサービスを受けられます。
女の子とお酒を飲みながらサービスタイムにトップレスになり女の子の胸をもんだり乳首を吸う事が出来ます。
だいたいのお店や女の子にもよりますが、キスもOKな場合が多いです。

セクキャバ

セクキャバとはセクシーキャバクラの略称です。
セクシーパブも同じ意味です。
通常のキャバクラと違う所は、女の子に触っても良い事です。
お客のひざ上に女の子が座り、キスや胸モミも出来ます。
服を着たサービスになり、射精させるサービスはありません。